studioshopMainBg

 

写真・映像・出力機材の販売、撮影機材、背景素材レンタル、撮影スタジオの設計施工なら銀一株式会社

キヤノンは、CINEMA EOS SYSTEMのファームウエアを2014年2月より順次提供することを発表しました。


※1 コンティニュアスAFへの対応のみ有償です(価格:1台につき5万5,000円)。提供方法は2月25日以降にキヤノンホームページ掲載予定です。

※2 「EOS C300」のコンティニュアスAFを実現する有償ファームウエアを適用すると、リモートコントローラー、レンズ周辺光量補正への対応も同時に行われます。
※3 2013年11月7日にキヤノンより発表済み。
※4 2013年11月7日発表の「EOS C100」のコンティニュアスAFを実現する有償ファームウエアを2014年2月25日以降に適用すると、常時記録モードへの対応も同時に行われます。
※5 本対応は、カメラコントロール機能を集約したアプリケーション「EOS Utility」としてキヤノンホームページ上で2014年3月に公開予定です。



新ファームウエアの追加機能


EFレンズを使用したコンティニュアスAFの追加(有償)

対象機種:【EOS C300】【EOS C100】

  • デュアルピクセルCMOS AFに対応となり、ほぼすべてのEFレンズ※において画面中央の被写体に自動でピントを合わせ続けるコンティニュアスAFが可能。
  • コントラストAF信号の補助的な使用により、不要なボケの発生を抑えた安定感の高いAFを実現。
  • AFロック機能(アサインボタン)により、あらかじめピントを任意の位置に固定する「置きピン撮影」、ピント合わせ後の撮影範囲や構図変更が可能。

※1 マニュアルフォーカスレンズを除きます。

・C100の機能追加サービスについてはこちらの記事もご参照ください。


常時記録モードの追加(無償)

対象機種:【EOS C100】

  • カメラ本体のR e cボタン操作にかかわらず、「常時記録」のSTARTからSTOPまでの映像をすべて記録することができ、映像の撮り逃しを防止※1。
  • カメラ本体で行った録画開始・終了操作の時刻をデータとして記録。
  • 他社製のアプリケーション※2を使用することで、カメラ本体で行った録画開始・終了操作による記録順で動画ファイルのリストアップが可能。

※1 常時記録のSTART/STOPはメニューより操作します。
※2 動作確認済み製品:グラスバレー社「Edius Pro 7」(2014年2月25日時点。動作を保証するものではありません)。


リモートコントローラーへの対応(無償)

対象機種:【EOS C500】【EOS C500 PL】【EOS C300】【EOS C300 PL】【EOS C100】【XF305】【XF300】

  • 業務用カメラ専用リモートコントローラー RC-V100※1に対応となり、カメラ本体から離れた場所での露出やホワイトバランス、その他主要機能の設定・調整を実現※2。

※1 2014年6月発売予定。
※2 カメラ本体の「REMOTE端子設定メニュー」で「RC-V100」を選択する必要があります。


レンズ周辺光量補正の対応レンズの拡大(無償)

対象機種:【EOS C500】【EOS C500 PL】【EOS C300】【EOS C300 PL】【EOS C100】【XF305】【XF300】

  • 新たにEFシネマレンズ1機種、EFレンズ1機種の装着時にも、レンズの光学特性に起因する周辺光量不足を補正することが可能※。

※対応するEFシネマレンズは「CN-E35mm T1.5 L F」、EFレンズは「EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM」です(EOS-1D Cは「CN-E35mm T1.5 L F」のみ対応)。


こちらのサービスは、ファームウエアの更新を希望するユーザーを対象に実施されます。
提供方法など詳細は今後キヤノンホームページに掲載される予定です。

こちらのサービスに関する詳細はキヤノンホームページをご確認ください。
キヤノンホームページへ(pdfファイルが開きます)



※詳しくは下記までお問い合わせ下さい。

銀一スタジオショップ

〒104-0052 東京都中央区月島1-14-9 電話:03-5548-5131

営業時間:月~金9:30~18:30/土曜11:00~17:00

定休日:日曜・祭日

メールでのお問い合わせはフォームをご利用下さい。

※この記事の内容は掲載時のものです。価格、仕様など記事内の情報は時期により異なる場合がございます。

Top